月別アーカイブ: 2015年9月

【一眼レフカメラ講座】レンズ交換したことありますか?

periscope-249150_1280

今回は、オススメレンズの選び方です

 

まずお伺いしますが、レンズを交換したことがありますか?

☆部屋の中で子供を撮るとブレてしまう

☆背景がきれいにボケないん

という質問を時々頂きます。

 

こういった問題はレンズを交換することで解決します。

一眼レフはレンズを交換して本来の機能を発揮します!

さあ、勇気を出してレンズを交換しましょう。

 

前回もお話しましたが、カメラとはレンズ付きの暗い箱です。

そしてカメラに入ってくる光はすべてレンズを通ってやってきます。

写真の仕上がりというのはレンズが命です。


 

レンズの3大性能

1、たくさん光を取り込めるかどうか?

2、精彩に写せるかどうか?
3、広い範囲をズームでカバーできるか?

これら3つを高いレベルで満たそうとすると
何十万円もするようなとても高級なレンズが必要です。
ちなみにカメラを買ったときに付いてくるキットレンズ
この中でも

3、広い範囲をズームでカバーできるか?
ということを優先しています。

ただ価格を抑えるために、

1、たくさん光を取り込めるかどうか?

2、精彩に写せるかどうか?

というところをどうしても犠牲にせざるを得ないところがあります。


実は魔法のレンズが存在します。

それは安いのに高級レンズ並みによく写る

シンデレラレンズ】と呼ばれているものです。

 

光はレンズを通ると必ず少しずつ汚くなっていきます。

シンデレラレンズは構造がシンプルであり、使っているレンズの枚数も少ないので、

光をきれいなままカメラの中に入れることができます。

当然ですが、この種の個体は【オールドレンズ】とも呼ばれています。

そして部品の数も少ないので、値段も抑えられてよく写るのです。

このシンデレラレンズはプロカメラマンも愛用しています。

この様な単焦点レンズを一度試してみて下さいね!

 

☆欲しい商品がある程度決まっている時はカメラのキタムラさんは安心で便利です

⇩ ⇩ ⇩ ⇩ ⇩ ⇩ ⇩ ⇩ ⇩

2360031

カメラにとって一番重要な部品?

【一眼レフカメラ購入のポイント?】

今回は、成功する一眼レフカメラ選びのために

知っておかなければいけないことについてお話します。

カメラにとって、一番重要な部品って何だと思いますか?

[check]ボディ?

[check]撮像素子?

[check]画素数?

 

camera-893211_1280 (1)

 

いえいえ、実はレンズなんです。

ものすごくシンプルに考えると、

「カメラはレンズのついた暗い箱」です。

そして、レンズを通してたまたま入ってきた光を

カメラは絵にします。

この、「たまたま入ってきた光」という考え方が

後で非常に役立ちますので覚えておいてくださいね。

つまり、撮影する光は全てレンズを通ってやってきます。

このレンズがポンコツレンズだったら、

いくら素晴らしい風景を撮影しても、

いくら最高級のカメラボディを使っても、

絶対にいい写真は撮れません。

逆に、入門機と呼ばれる安いカメラでも

素晴らしいレンズを装着すれば、びっくりするほど写真が見違えます。

また、デジタル一眼レフの技術進歩は目覚しく、

最新機種を購入しても、ほんの2,3年で

カメラの性能は陳腐化してしまいます。

一方、レンズは非常にアナログな製品ですので、

何年たっても性能が色あせることはありません。

【 レンズは資産】と言われますが、

中古市場でも値下がりせずに

安定した値をつけるレンズはまさに資産と言えます。

おわかりでしょうか?

カメラはなによりレンズが一番重要です。

カメラを選ぶときに、レンズを視野に入れないということは、

服を買うときにサイズを見ない、のと同じことなのです。


 

[check]次回は、レンズに着目したカメラ選びの具体な方法をお伝えします。

これはカメラ雑誌では絶対に語られることはありません。

絶対に見逃さないように注意してくださいね。

 

撮影のプロからアドバイスを受けたい方はこちらがお勧めです
⇩ ⇩ ⇩ ⇩ ⇩ ⇩ ⇩ ⇩
写真教室よりも上達が速い!自宅でラクラク上達♪一眼レフカメラ講座

☆補足動画

一眼レフカメラ購入前に!

お客様から質問を頂きました

私は修理分野で生きていますので、撮影に関してはあくまでも素人ですが私の狭い見識からお答え致します。

camera-541213_1280

 

Q)これからカメラを始めたいのですがお勧めの一眼レフを教えて下さい!

 

A1)なぜ一眼レフを購入するのでしょうか?

人それぞれ、いろんな回答があると思います。

・子供が産まれたので成長の記録を綺麗に残したい

・仕事と家庭が落ち着いたので、じっくり取り組める趣味が欲しい

・コンパクトの写りに満足できない、もっと綺麗な写真を撮りたい

一眼レフをはじめよう!と思ったきっかけはなんですか?


 

A2)どんな写真を撮りたいですか?具体的な写真を探してください。

本屋で写真集を見たり、

インターネットに投稿されている写真を探したり、

普段読んでいる雑誌から探したり

どんな情報源からでも構いません、

「こんな写真を撮りたい!」という1枚を探して、

手元に置いてください。

・夕日に染まる富士山

・無邪気に笑う子供の笑顔

・旅の途中で立ち寄った街の空気を切り取る写真

どんなゴールをイメージされているのでしょうか?

最初に質問させていただいた「一眼レフをはじめる理由」と

この質問の「達成イメージ」をこれから大事にしてください。

初めて一眼レフの世界に踏み入れると、

知らない専門用語が飛び交うことに戸惑ってしまいます。

ひょっとすると、「私には無理だ・・」とあきらめてしまうかもしれません。

そんなとき、「理由」と「達成イメージ」を思い出してください。

 

必ず、後押しするパワーの源になってくれます。

もちろん私も一生懸命バックアップさせていただきますので、

安心して一緒に一つ一つ壁を乗り越えていきましょう。

次回は、カメラにとって“最も重要な部品についてお話します。

一眼レフを選ぶときには最重要視しないといけないのですが、

なぜか雑誌では語られない内容です。お楽しみに。


 

 

撮影のプロからアドバイスを受けたい方はこちらがお勧めです

⇩ ⇩ ⇩ ⇩ ⇩ ⇩ ⇩ ⇩

rogo