修理専門学校生徒さんの声

 

 

 

(受講コース) スタンダードコース

 

 

オールドレンズ収集が趣味です

 

私は昔から世界中のオールドレンズ収集が趣味です

勿論、フィルムカメラ時代の何十年も前のレンズばかりです

1本あたり高額なレンズばかりですが、その持ち味は何とも言えない

その個体独特の特徴があります

日本でも、海外に出張した時も暇さえあればレンズを探しています

しかし、どのレンズもどこかしら不具合があって状態の良いレンズはあまりありません

新しく手に入れる度に日本レンズ協会にお願いして整備してもらっていました

復元状態がいいものもあれば芳しくないものもあります

でも、でき得る限り整備してもらっていました

 

自分でできないものか相談しました

日本レンズ協会の整備費は決して安くありません

私が好む高級レンズは安くて30,000円

高い物だと1本≒80,000円くらい整備代が掛かります

さらに、一度整備しても数年後には不具合が出てしまいます

いくら古いレンズが好きでも所詮撮影の為の道具です

やはり、定期的な整備を要します

費用の面というよりは、これからも珍しいレンズはどんどん購入したいので

できれば自分の持ち物は自分で整備できる様にしたいと相談しました

 

レンズの修理はそんなに難しくない

レンズの修理の難易度について代表理事の田斉さんに聞いてみました

光学機器の修理は一般的には難易度が高い印象がありますが

・レンズに対する愛情

・整備できる環境

・適切な指導者

この三つの条件があれば誰でも習得できるとの返事でした

その個体の構造を熟知している必要性は大切だという事でした

僕は送付するレンズの整備工程一部始終を録画して欲しいとお願いしました

すると、そういうサービスは可能だが、学校の生徒さんの事を考えると

別途有料になるという事でした

修理学校の事を知る

日本レンズ協会はレンズの修理もしていますが学校の生徒も随時募集していました

スタンダードコースで学習する事にしました

今では、新規にレンズを見つけていては協会に行っています

そこで、手に入れたレンズの現状を検査してもらいます

そして、その課題を解決する為の処置工程をその場で学習します

1本につき1時間くらいで授業は完結するので効率的です

それに、どんなに個体数が増えても最初の入学金だけで追加分はありません

この学習のお蔭で、所有しているレンズはお金をかけなくても自分で処置できます

道具もシンプルです

光学機器の整備ですから必要な道具も複雑かなと心配でしたが

予想以上にシンプルでした

光学的な数値を計測する装置は協会にあるので購入する必要はありません

消耗品だけ時々買っています

作業スペースも普通の机で充分でした

何事もやってみないとわからないものです

 

今後やってみたい事

 

 

僕の場合は、今後手に入れるレンズは先ず協会に持ち込んで検査してもらいます

その後、その場で必要な処置の説明を受けて協会の作業所で整備します

自宅で作業するのは教わったレンズの定期的なメンテナンスになります

講師の田斉さんは一個体づつ書籍化する事を強く薦めているので

自分で整備できる様になったレンズの書籍化は考えています

基本的なやり方は教わったのですが、やはり僕はレンズ自体をいじっているのが好きなので

本の出版はもう少し後になると思います

 

 

 

 

吉岡さんとは頻繁にお会いしていますね

本当にオールドレンズが好きで、実は講師の僕自身初めて手にする個体があります

そういう意味では大変勉強になっています

ありがとうございます

レンズは基本的な構造がある程度共通しています

その個体毎に注意しなければいけない構造も勿論あります

新しいレンズを購入する度にこちらに通学なさる吉岡さんと接していると

微笑ましく感じる事が多いです

やはり、【好きこそものの何とか・・・】ですね

今後も、お会いできる事を待ち望んでいますので

授業が終わったら又飲みに行きましょう!

 

一般社団法人 日本レンズ協会は主たる業務はあくまでも光学機器の修理でございます

光学機器修理専門業者として一般社団法人格を登記しておりますので

日々全国からの整備依頼を誠実に事業の核として行っております

その主たる業務と並行して教育の分野にも力を傾注しております

当協会の代表理事の私自身もそんなに若くはありません

光学機器の整備実態を若輩者ながら長年肌で感じる事があります

メーカーさんの批判ではありませんが製造元は販売後のメンテナンスには

あまり力を入れていないのが実情です

特に昔の個体ほどその構造自体を把握している職人さん自体が減少しています

そんな現状を鑑みますと今後の光学機器のメンテナンス状況に憂いが残ります

私自身も日々全国のお客様のレンズの整備作業に従事しておりますが

とてもその全てには応じ切れていないのが実情です

当協会の光学機器修理専門学校の設立はこの様な背景から発足致しました

写真撮影が趣味の方で併せてレンズの整備に興味がある方の中から

この様な事業に興味がある方に対して修理専門学校を通じて貢献できればと言う想いから

この学校を設立致しました

この様な背景をご理解頂きご自身の今後の将来と照らし合わせてみて

当協会の理念にご賛同頂ける方でしたら是非ご入校頂きまして

光学機器の末永い状態維持とご自身の将来の夢の為に当協会で学んで頂けましたら幸いでございます

 

 

 

日本レンズ協会今後のミッション

 

  s_nihoncamra

 

レンズ修理メンテナンスなどの事業を行う一般社団法人日本レンズ協会が レンズメンテナンスとフィルムカメラの基本的な操作に関する電子書籍を刊行した。 どちらもシリーズ版で、レンズの本は1,000シリーズ、フィルムカメラの本は100シリーズを刊行予定。 第一弾となる『カメラレンズの修理教科書』ではコニカ50mmF1.7『フィルムカメラ操作術』では キャノンFTQLをそれぞれ取り上げている。価格はいずれも1,250円(Amazon Kindle) 日本レンズ協会のミッションは、現存するレンズのでき得る限りの復元業務を主たる目的としているが 並行して関連教育事業にも力を入れている。 世界中のレンズをでき得る限り良い状態に復元して、その状態を後世に継承していく事は 非常に価値が高いと言える。 単に、レンズの修理を施すだけの業務と違い、その個体の所有者が自宅でレンズをメンテナンスできてこそ 古き良きレンズがなるべく良好な状態で子供の代を乗り越えて 孫の代まで引き継いでいくという壮大な夢が実現すると言えるだろう。 すべての写真愛好家が撮影と並行して自分のレンズのメンテナンスを実行するかどうかは分からないが 当協会の目指すミッションは注目に値すると評価したい。 5年後を目途に東伊豆にレンズの修理専門学校の設立も計画している。 構想としては宿泊施設を完備した完全個人指導形式の授業カリキュラムを準備中だという。  

 

 

ご質問等お気軽にお問い合わせ下さい

 

この商品についてご質問等ございましたらお気軽にお問い合わせ下さい

メールアドレスをお間違いになるとこちらから返信ができなくなります。再度ご確認お願い致します。

 

 

レンズ修理専門学校とその教科書

 

 

<学校で使用する教科書>

本教科書シリーズはレンズメンテナンスをプロレベルで行うための教科書です。 レンズの修理、カメラレンズのカビ、オーバーホール、分解、清掃等にお悩みの方はぜひご活用下さい! 本書にて使用しましたレンズは、全て当協会に実際にメンテナンス依頼があった 実際の個体を使わせて頂き解説を加えております。 従いまして、その内容は写真を見ながらじっくり再現すれば あなたが所有する同じ機種にも当てはまる様に構成されております。 自分のレンズと同機種なのかをまずはよく確認して頂き 焦らずにじっくり取り組んで下さい。 古き良きレンズをメンテできる職人さんも私同様だんだん高齢化になっています。 各メーカーさんも昔のレンズ程受け入れていないのが実情です。 また、この種の修理を教える機関そのものが、日本には殆ど存在しないのも事実です。 このままですといずれ世界中にある昔のレンズを修理できる人がいなくなってしまいます。 一般社団法人 日本レンズ協会はこの様な現状と今後の予測をもとに レンズ修理事業と並行し、教育分野に取り組んでいます。 その一環として、本書『カメラレンズ修理の教科書』をシリーズ化してまいります。 本書ではプロが実際に作業している風景を写真と動画にて解説を加えている構成をとっています。 従いまして、じっくりこの教科書に向き合って頂ければ プロが行うのと同じ様な結果が得られる構成になっております。 ぜひ本書をお読みになりプロフェッショナルのレンズメンテナンスをマスターしてください。 今回【一括版】を初公開する事に際しましてのご挨拶とさせて頂きます。>>>詳細はこちらから    

 

<レンズ修理専門学校のご案内>

vd5ltriijffqg4k1476927636_1476927804

<目的別×3コース選択制度>

sdvg2sonqx5xc7p1476928457_1476928704

 

ck3kgzdifuvt0wk1476929072_1476929294

 

sbssnputkuxm7kf1476929657_1476929959

 

詳細は公式ホームページをご参照下さい

 

一般社団法人 日本レンズ協会 光学研究所 Clean Lens House

代表理事 田斉健輔

 

日本レンズ協会公式サイト

 

特定商取引法に基づく表示

 

Copyright © 2015 サイト管理者名:一般社団法人 日本レンズ協会 光学研究所 代表理事兼所長 田斉 健輔 All Rights Reserved. 〒270ー2267 千葉県松戸市牧の原1-24LM101,justis2011@yahoo.co.jp 047-386-5353