レンズ修理ビジネスオンライン講座

<<直して売るから意義がある>>

 

rennzu

 

光学機器の修理技術を習得しながら

入学当月から毎月の収入UPを

目指す事ができます

 

 

カメラ、レンズをネットで転売している方々は大勢いらっしゃいますが

仕入れた個体を修理して再販できる人は現在日本には

 

 

・講師の私と

 

・現在通学している修理専門学校の生徒さんしかいません

 

※当協会では2004年3月から光学機器修理専門学校の運営を行っております

 

 

今回、一般社団法人・日本レンズ協会主催のもと今までになかった全く新しいビジネスモデルを公開致します。今回はこのビジネスが学べる

レンズ修理ビジネスオンラインスクール開校第0期生

の募集案内になります

応募枠50名さん限定

での情報公開とさせて頂きたいと思いますので、ご興味のある方は以下のメッセージをお読み頂けますと幸いでございます

 

 

 

 

 

 

貴方はこんな事で悩んでいませんか?

 

1540_32  毎月の収入が足りない

 

 自宅で完結できる副業を探している

 

 光学機器(レンズ、望遠鏡、双眼鏡)の修理教室が見つからない

 

 カメラ・レンズの転売をしているがどうせなら修理して売りたい

 

 毎月の収入も増やしながら将来役に立つ技術を習得したい

 

 

 

 

 

 

光学機器の修理は特殊な仕事です

そんな特殊技術をオンラインで学習

入学当月から収入発生も目指せます

既に実証済のビジネスモデルです

 

 

 

 

 

一般社団法人 日本レンズ協会では現在【光学機器修理専門学校】を運営しております。

通学している生徒さんでも時には通学できない期間が発生してしまいます。

そんな事情から完全に自宅で学習できるオンラインビジネスモデルをこの度構築致しました。

 

このスクール形態は生徒さんがご自宅に居ながらにして技術が習得できる構成にしました。

同時に入学当月から生徒さんが収益を得て頂く為の仕組みを初めて作りました。

 

その詳しいビジネス構造を動画で詳しく解説致しました。

このビジネスモデルは元々光学機器の修理技術を習得したいという生徒さんの為に作ったモデルでしたが、一般の方々にもご自宅で再現可能なスクール内容に構築致しました。

 

従いまして、ご自宅で完結できる副業をお探しの方の様な、光学機器の修理技術を学びたいという動機以外の方々にも充分に活用できるスクール内容になっています。

 

 

 

先ずはこちらの動画をご覧ください

 

 

全く新しいレンズ修理ビジネスオンライン講座についてのご紹介

 

無料個別相談会実施中

 

入学に際しましての無料個別相談会を実施しております。

スクール内容に関しましてより詳細な情報をお伝えさせて頂きたいと思います。

また、入学を迷われている方はご自身の現在の状況をこちらで診断させて頂いておりますので

併せてその旨お問い合わせ下さい。

個別にご返信させて頂きたいと思います。

 

ご記入・送信して頂いた方にはご相談内容に関しましてメールにてご返事させて頂きます。

メール内容を確認致しまして、追ってWeb相談会のご案内をお知らせ致します。

※お名前はニックネームでも結構です

※メールアドレスは間違いのない様にお願い致します

間違いがありますとこちらからご案内ができなくなってしまいます

※ご住所は差し支えなければご記入お願い致します

※ご意見・ご質問等お気軽にご記入下さい。

※ご記入終了後フォーム左下送信ボタンをクリックして下さい

 

無料個別相談会に申し込む

 

 

現在までに頂いているご質問

 

現在二児の母親でパートに出ております

子供を預けての仕事なのでパートでの稼ぎが全部収入になりません

自宅でできる仕事を探しています

こんな私にもスクールに入れば稼げますでしょうか?

富山県 ミキさん 女性

ミキさん

ご質問ありがとうございます

協会の学校に通学で学習・作業している似た様な環境の主婦の方は何人かいらっしゃいます

確か、ヤクルトさんとダスキンさんにお勤めだったと思います

半年くらい経って、パートを止めてレンズ修理ビジネスだけでやっていきたいと相談を受けた記憶があります

チョットきついと思うのですが、ある程度の蓄えと、自分で修理できる個体数が増えるまでは

パートと修理ビジネスは並行していく事を推奨しています

現在サラリーマンですがあまり自由な時間がありません

今まで色々な副業を試してみました

そんな自分でも副業として稼ぐ事はできますか?

岐阜県 lack さん 男性(32歳)

jack さん お問い合せありがとうございます。

同じ様な立場のお勤めの方でも事績を積み上げていらっしゃいます

無理はいけないので、その時々のご自身の状況にあわせて作業量を調整していって下さい

学校の生徒さんの声も参考にして下さい

私は長年カメラ等の転売をビジネスとして取り組んできましたが最近作業自体がつまらなくなってきました。どうせなら直して再販できないものかと思っていました。修理初心者でも知識や技術のマスターはできますか?

東京都  田中さん 男性(43歳)

田中さん お問い合わせありがとうございます。

ハイ。皆さん最初は初心者ですから心配はありません

長い年月をかけて生徒さんが自宅で学習・取得・再現できるスクール内容です

安心して取り組んで下さい。

只、世間で流行っている一般的な転売モデルとは根本的にスクール内容が違います

ハッキリ言って修理という面倒くさい作業工程が核となるビジネスモデルですから

今までやられてきた作業+修理という工程が増えてしまいます

私としては、直して売る事に意義があると確信をもっておりますが

生徒さんにとっては、特に転売経験者の方にとってはこの点が慣れるまではチョット大変と感じられるかもしれませんね


実際に通学している生徒さんが入学の動機等語ってくれました

どうして当協会主催の学校に入学したのか?入学後今どの様に生活が変化したのか?良かった事や現在の悩み今後の夢等お話して頂きました。匿名希望の生徒さんもいらっしゃいます。年齢を聞くのが躊躇われて幾つなのかハッキリしない生徒さんもいらっしゃいますが、全員の内お声をかけた11人の生徒さんが快くコメント掲載を許可してくれました。少しずつ生徒さんの生の声をこのサイトに掲載していきます。もしかしたら、このページをお読みの読者さんと同じ様な環境の生徒さんがいらっしゃるかもしれません。参考になりましたら幸いでございます。

 

 

 

 

 

修理専門学校に通学中の生徒さんの声①

 

 

 

 

日本レンズ協会さんとの出会い

私は、定年退職を迎え大好きな写真撮影に思いっきり時間が摂れる身分(立場)になりました。
所有しているレンズは50本くらいで、どんどんその本数が増えてしまいました。
ある時、レンズのカビや絞り羽の粘りに気づき日本レンズ協会さんの存在を知りました。
当初は、何本かまとめて整備を依頼していましたが、やはり復元したレンズは使っていて気持ち良く
全部のレンズを整備したい気持ちが強くなってきました。

しかし、その整備費用は決して安くはありません。

そして、レンズは撮影の為の道具ですから、一度整備してもらった状態がその後永遠に保つ訳ではありません。

整備費用はそのレンズの種類によっても、そのレンズが抱えている問題によってもまちまちです。

大体レンズ×1本で5,400円から高い個体だと30,000円位かかってしまいます。

そんな経緯を実際に経験して、自分のレンズは自分で整備できたらイイなと思う様になりました

 

 

学校に入ってみようと思いました

何度も日本レンズ協会さんには整備を依頼していたので、その付き合いの工程で気心は通じていました。

その時の自分の気持ちを素直に伝えてみると、修理専門学校がある事を知りました。

自宅から通学するには少し距離がありましたが、まとめて持参すれば何回かの受講で済む事も知りました。

今後、状態が悪化した場合も考えると自分で整備できるスキルを習得した方が得策だと決心しました。

 

どんなレンズも定期的な整備が必要

自転車も自動車もエアコンも身の回りの道具は全て整備が必要です。

撮影の為のレンズも例外ではありません。

こんな当たり前の事を講師から教わりました。

勿論、自分が持っているレンズ全てが思う様にメンテできない構造上の問題も教わりました。

最近の機種ほど整備が難しく、もともと販売後の整備を想定していない構造になっている事も理解しました。

私の場合はその殆どが昔々のレンズが多かったので、幸い殆どのレンズが整備可能な構造になっていました。

 

レンズの整備にお金はかけていません

お蔭様で、今ではレンズの整備には一切お金は掛かっていません。

私の様に時間だけはたっぷりある立場の人間は、実際の撮影以外にも自分の時間があります。

そして、レンズのメンテナンスの様な細かな作業も好きな方です。

撮影は撮影で、整備は整備で両方の時間が好きなのです。

整備にはそれなりの治具が必要です。

それも、思っていた以上にシンプルでした。

高額な道具は一切必要ありません。

光学的なクリーニングの為の溶液や専用ペ-パーは消耗品ですから

無くなると購入する必要はありますが、その消耗品もそんなに高額ではありません。

自分の大事な道具ですから、これ位の時々の出費は苦ではありません。

 

新たに購入したレンズのメンテ

既に沢山レンズは持っていますが、時々新たに購入しています。

そんな新たなレンズに関しても追加費用ナシで整備の手順を教えてくれます。

私の場合は、少し遠距離なので交通費だけが出費になります。

幾つかまとまった時に学校に足を運んでいます。

 

今後やってみたい事

 

 

 

私は地元の写真愛好会に入っていますが、友人の持っているレンズを

整備してあげています。

勿論、受講したコースがスタンダードコースであくまでも自己所有の

整備に限定したコースです。

この事をちゃんと話した上で、友人のレンズを整備してあげています。

当然、自分が持っている個体と同じレンズ限定ですが・・・

それでも、友人が喜んでくれたりして、自分も嬉しい気持ちになります。

入校すると、テキストが配布されるのですが、時々テキストにも目を通しています。

先生からは、自分で整備できるレンズを書籍化する事を薦められていますので

これからは充分にある時間を利用して、電子書籍の勉強をしていこうかなと思っています。

自分で習得した整備内容が書籍になるのは魅力的ですが、パソコンの操作等課題は多いです。

自分が持っているレンズ限定のコースですが、やる気になればまだまだ挑戦する事は一杯あります。

 

 

 

 

修理専門学校に通学中の生徒さんの声②


 

 

 

現在サラリーマンです

 

私は現在サラリーマンで毎日都心まで通勤しています

趣味が写真でミラーレスにアダプアーを付けて昔のレンズを楽しんでいます

高校生の時から地元のクラブに所属していて写真仲間は沢山います

今、特に悩みはないのですが数年前は所有しているレンズの整備が思う様に進みませんでした

整備にはかなり費用が掛かるのですがそんなにお小遣いもありません

貯金はコツコツ貯めてきましたが将来の為に何か資格取得をしようといつも思っていました

所属するクラブは神奈川県でも結構規模が大きくて人数も沢山います

気の合った仲間の他に未だ名前もしらないメンバーが大勢所属しています

鳥だったり、電車とか花とか好きな被写体はまちまちです

 

 

 

日本レンズ協会さんとの出会い

 

レンズを整備してくれる業者があるとは知らなかったので最初は諦めていたのですが

ネットで検索して日本レンズ協会の事は初めて知りました

それが今から3年前くらいです

何回か不具合のあるレンズを復元してもらって同じ様な悩みを持っていた仲間にも紹介しました

そんな経緯で代表の田斉さんとは長年付き合っていて一緒にフットサルもしました

レンズが復元するのは確かに嬉しいのですが、やはり小遣いの範疇を考えると

所有するレンズ全てをメンテできないで悩んでいました

協会さんには結構我儘を聞いてもらって安く整備してもらっていたのですが

自分でできるようにならないものかと相談したのが切っ掛けです

 

先ずは自己所有レンズです

 
そんな経緯で協会主催の学校に入りました

田斉さんがメイン講師なので気さくに教わっています

先ずは自分の所有しているレンズを自分でできる様になるのが目標です

結構本数があるので、毎月1度の頻度で学校には通っています

授業の後にフットサルをしたり居酒屋で乾杯したりとマイペースでやっています

レンズの修理は思ったより道具が少ないのに驚きました

入学金は出費でしたが、使ってそれで終わりの出費ではないので納得しています

少しづつですが確実に自分でできる領域が増えています

 

仲間から相談される様になる

 

同年代の仲のいい仲間に学校の事を話したら、成長したら頼むよと言われています

当初は、自分のレンズを自分で整備できる様になるだけしか考えていませんでしたが

自信が持てる同じ機種ならお金をもらって整備できると思っています

レンズは実に種類が多いのでそんなにすぐには自信は持てないと思うのですが

継続していれば機種限定から初めて守備範囲を広げていこうと思っています

 

最初はスタンダードコースでした

 

こんな経緯でしたから、僕の場合は最初はスタンダードコースで入学しました

協会のルールは結構幅があって入学後にコースを変えられます

人様の個体を整備できる様にゆくゆくはなりたいと気持ちを打ち明けたら

ベーシックコースに変更してくれました

差額分の入学金は勿論必要になりますが・・・

レンズの修理費用は平均して12,000前後だそうなので毎月3本くらいでも軽く

自分の小遣いを超えてしまいます

所属している倶楽部には困っているメンバーが大勢いるので

少しずつでも学習してこれを仕事として収入があればいいなと思っています

解らない事はいつでも教えてくれるし、整備できない種類の個体も少し解ってきました

光学機器の公認整備士には道のりは遠いですが楽しみながら学習して生きます

 

今後やってみたい事

 

 

 

私の夢も書籍を出版する事です

パソコン分野では講師の田斉さんよりは僕の方がスキルが上です

でも、こと書籍の出版となると今まで経験がないので学習する事

が沢山あります

協会はこの書籍の出版に力を入れています

レンズの修理に限らず他の分野でも原稿をコツコツ貯めています

そんな姿勢に刺激を受けながら僕も頑張っていきたいと思います

協会の名前で出版する分には書籍出版に際して費用は掛かりません

しかもその本が購入された時は印税は僕の銀行に入金されます

その額は数千円かもしれませんが出版していれば自然と売れていきます

この様な仕事の魅力は少しづつ理解できてきました

地元での修理教室も考えています

理想ばかりでまだ実行ができていませんが頑張ります

 

 

 

 

修理専門学校に通学中の生徒さんの声③

 

 

 

 

実家がカメラ屋です

 

私の実家は秋田県で写真屋を経営しております

中古のカメラやレンズの販売と記念撮影用のスタジオがある規模の店舗です

私自身も時々お店を手伝っています

フイルムネガの現像もしていますが私はこの仕事はできません

就職用、運転免許用、パスポート用の写真撮影の仕事が主な私の仕事です

七五三と入学・卒業式シーズンは一瞬だけ忙しくなります

お店の商品は主に中古のカメラとレンズで、新品の商品は置いていません

最新機種のものは全然売れないからです

フィルムカメラのフイルムも販売していてネガの現像の常連さんは多いです

時々、中古のカメラと中古のレンズの修理の相談を受けます

勿論、光学機器の修理はできませんから断っていました

 

日本レンズ協会さんとの出会い

 

主人がネットでレンズを修理してくれるところを探してくれました

それが日本レンズ協会さんとの出会いでした

毎月何人かのお客さんから修理の依頼があったので

協会の電話番号をその都度教えてあげました

そのお礼を言われる事はあってもそれ以上の事はあまり考えないで時間が過ぎました

ある時、協会の田斉さんから電話を頂きました

いつもお客さんを紹介して頂きありがとうございますという内容の連絡でした

紹介料を受け取って頂きたいとの申し出でしたので二人で相談しました

 

 

店舗で受付する事になりました

 
相談した結果、修理相談依頼があった時は私の店舗で受け付ける事にしました

大体の見積もりはその都度田斉さんから指示をもらいました

そして、店舗でお預かりして協会に宅急便で送りました

こんな流れがしばらく続きました

実際の費用の半分を私が頂きました

フィルムの現像台よりかなり割高でレンズの修理は仕事として成り立つ実感を持ちました

でも、私にできる訳がありません

でも、学習すれば何とかなるかもしれないと思いました

 

修理の学校がある事を知りました

 

そんな長いお付き合いの中で、協会には学校がある事を知りました

そのコースも三つあるのでどのコースにしようかと相談しました

実家の店舗は持ち家なので家賃はかかりません

売り上げはもっと伸ばしたかったのですが人口も限られています

修理の仕事がプラスになればと考えました

秋田は遠方なので頻繁には通えません

でも技術は習得したい

そして、フランチャイズコースを選びました

 

フランチャイズコース

 

フランチャイズコースは開業をフルでサポートしてくれるコースなのですが

他にもメリット(特典)がありました

それは協会が格安で修理してくれるシステムでした

秋田から通って技術の習得は難しくても修理費をかなり押えられます

大体平均して1本≒3,000円でやってくれました

その内、持ち込まれるレンズの中で中判レンズに興味を持ちました

中判レンズに限定すれば技術の習得はできるかもしれない

その事を田斉さんに相談しその方向性で学習する事にしました

 

今後やってみたい事

 

 

 

私の夢は中判レンズのプロになる事です

色々な機種の勉強は遠方なので難しいですが機種を限定すれば

技術は習得できます

そして、その知識を本にして出版する事です

この構想も田斉さんから教わりました

未だ、一冊も実現していませんが二度も秋田まで来てくれて

指導してくれました

書籍の出版の他には中判レンズ限定で教室をお店で開催する事です

参加費用、教室の運営の仕方、動画の撮影等色々と準備が必要ですが

秋田で修理教室を開催するのが私の夢です

 

 

 

 

修理専門学校に通学中の生徒さんの声④

 

 

 

 

趣味がフィルムカメラの修理でした

 

私は現在サラリーマンですがフィルムカメラの分解・組立が趣味でした

昔から、プラモデルや細かな手作業が好きでこの年になってしまいました

会社が休みの日は主にカメラの修理をしていました

昔のフィルムカメラの安い物はネットで気軽に買えます

どこかしら壊れているのでその修理が趣味でした

その工程を写真に撮ったりして満足していました

その為の道具をそろえるのも結構楽しくて家の中の一室を作業場にしています

元々はフィルムカメラで撮影するのが面白かったのですが

一度壊れているカメラの修理に成功して自分なりに研究し始めました

壊れていう物が治るとそれだけで達成感があります

 

 

定年退職後の事を考え始めました

 

事務職で会社務めをしていますが仕事そのものには不満はありません

只、あと十数年後には退職する事を考えると不安が残ります

退職金もありませんし、蓄えも少ないです

健康でいれば何とかなるとはいえ何か経済的に支えになる資格とかを考えていました

趣味のカメラではそもそも修理のニーズは少ないと思っていました

でも、長い目で見て何か技術を覚える必要はあるなと漠然と考えていました

何年か前に近くのお店で昔のレンズをお店で見つけて買ってみました

絞り羽が解放のままで安く購入できました

それを直してみようと思ったのですがやり方に不安がありました

しばらくそのレンズはそのままの状態でしたが

ふっとパソコンで探している時に日本レンズ協会のサイトを見つけました

 

レンズのやり方を聞いてみました

 
そんな経緯で電話してみました

実際にレンズを見ていないから・・・という条件付きで色々教えてくれました

工具は自分で工夫して作業に取り掛かり結構うまくいきました

それから、しばらくしてレンズの修理の世界について調べてみました

業者はそんなに多くはなくて勿論自分の街にはありません

オールドレンズと最近のカメラの組み合わせを楽しむ傾向があるのも知りました

フィルムカメラは今後ニーズは減っていくけれどレンズは違うと考えました

退職後の不安を考えながら再度協会に問い合わせてみました

 

修理学校の事を知る

 

日本レンズ協会はレンズの修理もしていますが学校の生徒も募集していました

本業をしながら技術と集客を学べるコースなのでそのコースに入りました

10年位あればじっくり習得できると感じたからです

今、3年位立ちますが少しずつ手ごたえは感じています

地元のカメラ屋さんとは仲が良かったのでそのお店で依頼されたレンズを直しています

一度やったレンズと同じものは自分でできる様になります

それまでは協会に送って、そのやり方を動画とかで教わっています

 

遠方でも対応してくれます

 

近くはないので2回しか教室には行っていません

でも、修理の技術はスムースに習得できています

スカイプも有効で、実際に授業を受けるのと変わりません

並行して集客に関して今学習中です

準備に時間はかかりますが10年後の為にやっています

 

 

今後やってみたい事

 

 

 

 

顔写真の替りに大好きな花の写真でお願いします

先ずは、扱える個体数を増やすのが目標です

近くのカメラ屋さんから依頼されたレンズは安い値段で修理しています

数をこなしたいからです

そんな事情を協会の田斉さんは理解してくれるので

こちらが送ったレンズは送料負担だけで整備してくれます

そのやり方は主に写真と動画で教わっています

質問がまとまってからスカイプで授業は受けています

自分でサイトを立ち上げていますがそこから依頼があるのが夢です

電子書籍に関しても勉強しています

自分のサイトから修理の依頼があって書籍も出版する

10年後の為に休みの日に時間を決めて勉強しています

 

 

 

 

修理専門学校に通学中の生徒さんの声⑤

 

 

 

 

オールドレンズ収集が趣味です

 

私は昔から世界中のオールドレンズ収集が趣味です

勿論、フィルムカメラ時代の何十年も前のレンズばかりです

1本あたり高額なレンズばかりですが、その持ち味は何とも言えない

その個体独特の特徴があります

日本でも、海外に出張した時も暇さえあればレンズを探しています

しかし、どのレンズもどこかしら不具合があって状態の良いレンズはあまりありません

新しく手に入れる度に日本レンズ協会にお願いして整備してもらっていました

復元状態がいいものもあれば芳しくないものもあります

でも、でき得る限り整備してもらっていました

 

自分でできないものか相談しました

日本レンズ協会の整備費は決して安くありません

私が好む高級レンズは安くて30,000円

高い物だと1本≒80,000円くらい整備代が掛かります

さらに、一度整備しても数年後には不具合が出てしまいます

いくら古いレンズが好きでも所詮撮影の為の道具です

やはり、定期的な整備を要します

費用の面というよりは、これからも珍しいレンズはどんどん購入したいので

できれば自分の持ち物は自分で整備できる様にしたいと相談しました

 

レンズの修理はそんなに難しくない

レンズの修理の難易度について代表理事の田斉さんに聞いてみました

光学機器の修理は一般的には難易度が高い印象がありますが

・レンズに対する愛情

・整備できる環境

・適切な指導者

この三つの条件があれば誰でも習得できるとの返事でした

その個体の構造を熟知している必要性は大切だという事でした

僕は送付するレンズの整備工程一部始終を録画して欲しいとお願いしました

すると、そういうサービスは可能だが、学校の生徒さんの事を考えると

別途有料になるという事でした

修理学校の事を知る

日本レンズ協会はレンズの修理もしていますが学校の生徒も随時募集していました

スタンダードコースで学習する事にしました

今では、新規にレンズを見つけていては協会に行っています

そこで、手に入れたレンズの現状を検査してもらいます

そして、その課題を解決する為の処置工程をその場で学習します

1本につき1時間くらいで授業は完結するので効率的です

それに、どんなに個体数が増えても最初の入学金だけで追加分はありません

この学習のお蔭で、所有しているレンズはお金をかけなくても自分で処置できます

道具もシンプルです

光学機器の整備ですから必要な道具も複雑かなと心配でしたが

予想以上にシンプルでした

光学的な数値を計測する装置は協会にあるので購入する必要はありません

消耗品だけ時々買っています

作業スペースも普通の机で充分でした

何事もやってみないとわからないものです

 

今後やってみたい事

 

 

 

僕も顔写真の替りに愛犬ゴローの写真でお願いします

僕の場合は、今後手に入れるレンズは先ず協会に持ち込んで検査してもらいます

その後、その場で必要な処置の説明を受けて協会の作業所で整備します

 

自宅で作業するのは教わったレンズの定期的なメンテナンスになります

講師の田斉さんは一個体づつ書籍化する事を強く薦めているので

自分で整備できる様になったレンズの書籍化は考えています

基本的なやり方は教わったのですが、やはり僕はレンズ自体をいじっているのが好きなので

本の出版はもう少し後になると思います

 

 

 

修理専門学校に通学中の生徒さんの声⑥

 

 

 

 

都内に住んでいる普通のOLです
最近、友人の影響で写真を始めました
デジカメに昔のレンズを付けて、その味を楽しむのですが
私はまだその感覚が解りません
先ずはSonyのミラーレスを中古で購入しました
そして、カビが生えているオールドレンズを格安で買いました
中を覗くとカビだらけでしたが、実写にはそれ程影響は感じませんでした
でも、そのカビが気になってなんとかならないものか検索しました
日本レンズ協会さんとのお付き合いが始まりました

 

作業所に受け取りに行きました

 

メールで問い合わせをすると丁寧な返事が返ってきました

ゆうパックさんにお願いして初めて買ったレンズを送りました

三日くらいして、送ったレンズの診断結果を電話で聞きました

修理費は5,400円でした

レンズの購入代が3,000円でしたので修理費の高さに驚きました

でも、カビは気持ち悪かったので満足しています

家は都内でも協会の住所に近かったので処置後のレンズは受け取りにいきました

その時、たまたま修理の学校の生徒さんがいて

授業が終わったところでこれから飲みにいくところでした

私もお酒が大好きなので一緒についていきました

居酒屋さんでレンズにまつわる色々なお話を聞く事ができました

 

レンズ修理の仕事に興味を感じました

 

初対面だったのに、生徒さんも田斉さんもとても気さくで

話も面白くてあっという間に3時間位たっていました

友人の勧めで写真を始めたのに、まさかレンズの修理の世界があるとは驚きました

そして、この世界は結構儲かることに又驚きました

協会は、書籍の出版にも力を入れていて教育分野も積極的にやっています

話を聞いていると、生徒さんの方が修理による毎月の実益は高いのです

写真も面白そうと思って始めましたが、たった一回の飲み会ですっかり修理の世界に興味を持ってしまいました

毎月、何度か学校に通って授業を受けています

只学ぶだけではなくて、実益が伴うのでとても楽しいです

授業の後の飲み会が一番楽しくて通学はいつも夕方です

色んな種類のレンズをやっていくと自然と自分好みの機種が出てきます

まだまだ、自宅で修理はしていませんが協会の作業所で勉強しています

 

フランチャイズ生徒になりました

 

実家から通勤していて、コツコツ貯金があったので学校に入学しました

入学金は高額でしたが、すぐに元は取れる事は解っていました

一番高額なコースを選んだのは、このコースは全てのビジネスモデルを教えてくれるからです

田斉さんからは「感が鋭いですね!」と言われました

レンズの修理のビジネスモデルは幾つかあるのですが

大きく分類すると、守りのスタイルともう一つ攻めのスタイルがあります

私はこの攻めのスタイルのモデルに感心しました

協会さんは守りのスタイルと書籍出版と教育事業の3本柱です

私は、攻めのスタイルで学校に入ったその月から実益がありました

普通のOLですから会社のお給料があります

入学金は半年でペイしました

学校に入って実益も生まれたので貯金しています

 

少しずつ得意な機種が出てきました

 

毎月、何度か学校に通って授業を受けています

只学ぶだけではなくて、実益が伴うのでとても楽しいです

授業の後の飲み会が一番楽しくて通学はいつも夕方です

色んな種類のレンズをやっていくと自然と自分好みの機種が出てきます

まだまだ、自宅で修理はしていませんが協会の作業所で勉強しています

 

今後やってみたい事

 

 

 

私は、OLをしながらしばらくこの仕事を続けます

実家から通勤しながら、会社の給与とレンズ修理の

実益を貯金します

そのお金を何に使うかはハッキリしていませんが

将来の自己投資の為に有意義に使うつもりです

田斉さんや学校の仲間と飲み会で色々な話をします

性別は違っても年齢が違っても毎回得る物が沢山あります

扱えるレンズの種類は自然に増えていくので、無為はしないで

自分が扱える事ができるレンズに集中して仕事をしていきます

同じ会社の同期の親友が学校に入りました

これで、もっと身近な仲間が増えました

1年くらいですが、先に始めたちょっとだけ先輩になりました

これからも、宜しくお願い致します

 

 

 

修理専門学校に通学中の生徒さんの声⑦

 

 

 

 

 

独立したくて相談しました

 

僕は現在27歳で埼玉から都心に通勤しているサラリーマンです

名前は匿名ですが、代表の田斉さんに依頼されて入学の動機等正直に書く事にしました

初めて会ってから現在に至るまで本当にお世話になっています

自分の文章でイイという事で飾らずに書きます

入学を希望して会ってもらったのに最初は断られました

最初の動機から書きます

 

入学の動機

 

今の会社は新卒で5年目です

毎日毎日ラッシュを我慢してやっと仕事にも慣れてきました

休みは月に6回あります

残業は毎日で帰るのは終電ギリギリです

そんな日々に疑問を持って独立して自由に生きてみたいと思いました

どんな職業が自分にむいているのか半年くらい考えました

自分は小さい時から細かい作業が好きで

昆虫採集とか写真とかが趣味でした

写真家になるには才能がないのでそれに関連した仕事で独立したいと思いました

色々調べて日本レンズ協会の事を知りました

 

面接に行きました

 

最初に電話しました

協会主催の専門学校について概要を教えて頂きましたが

途中で田斉さんが電話を交代しました

自分の場合は入学の意思決定前に面接が必要だと告げられました

最初は誰でも入学できるものと思っていたので意外でした

日時を決めて協会の最寄駅近くのレストランで待ち合わせしました

そこで食事をしながら面接が始まりました

 

入学以前の話です

 

その面接では、学校に入るかどうかとか学校に入っての進路とか

そういう具体的な内容の話ではなくて

自分の現在の会社務めの話とか学校時代の部活の話とか

埼玉のアパートの話とか家族の話が中心でした

話していて、レンズの事は一切出てきませんでした

今の自分がイヤだから環境を変えたい!

そんな動機では次にどんな事を始めてもまた同じ繰り返しになると言われました

親にも相談できなかった事を時間をかけてじっくり聞いてくれました

結局、入学は断られてしばらく時間が過ぎました

断られましたが嫌な気持ちにはなりませんでした

自分は少し気持ちが前向きになりましたが会社に行くのはやはり辛かったです

半年頑張って、それでも入学したい気持ちが残っていたら

その時もう一度連絡しなさいと言われて別れたので

もう一度電話しました

条件は、カード決済は無効で、現金を貯金しなさいと言われていました

本気なら貯金できる筈で、中途半端な気持ちなら貯金できないと言われました

僕の場合は現金決済のみと言われました

 

入学しました

 

結局、入学できたのですが幾つもの条件付でした

①決して会社は辞めない事

②転職もしない事

③親にちゃんと話す事

④毎週電話かメールする事

⑤毎日日誌をつける事

⑥毎週部屋を掃除する事

⑦靴はいつも磨く事

⑧毎年お土産を持参して帰省する事

もっと沢山あったのですが沢山の決まりごとを守って

現在も通学しています

 

今後やってみたい事

 

 

 

学校には技術を学びながら幾つものビジネスモデルがあります

僕はその内の一つに取り組んでいます

亀の様に一歩づつ!・・・田斉さんの好きな言葉です

実益が早めにともなうモデルなので技術を習得しながら

週末に通っています

でも、相変わらず技術面よりも心構えに関する事を教わっています

それでも、半年くらい経つので確実に実益は伸びてきました

会社とは違う環境で努力していると、会社で今までイヤだったことがそんなに苦痛ではなくなってきたのが自分でも不思議です

それに、時々教室で他の生徒さんと重なる事がありますが

授業の後にみんなで飲みにいきます

会社以外の人と一緒に話したことがなかったので

新鮮な影響を受けているのだと思います

皆の話はレンズの事ばかりではなくて将来の夢とかあって

今までの自分が視野が狭かったなと感じる事があります

約束したので会社はこれからも続けます

自分で自由に使えるお金が多くなったので食事は少し贅沢になりました

洋服のセンスがナイといつも言われているので服にも少し気を使っています

技術の学校というよりは生き方の学校の様な感じです

掃除とか、靴とか、日誌とかもチェックされますが

習慣になるのに人は1ヶ月かかるそうです

協会の他の生徒さんと比べると目標が生活の事になっていますが

ここで知り合った年上の人たちとこれからも交流していきます

 

 

 

修理専門学校に通学中の生徒さんの声⑧

 

 

 

 

会社の同期友人から教わりました

 

私は随分後になってから同期入社の友達から日本レンズ協会の事を教わりました。友人みたいに写真に興味があった訳ではありません。友人が何か変化したのでどうしたのか?気になって聞きました。それが不思議だったのです。週末学校に通っているという事でした。それ以上の事は何も言ってくれなかったので余計に気になりました。

 

飲み会に連れていってくれました

 

ある日、「今日飲み会があるけど、来る?」って誘ってくれました

何か月ぶりかで友人から誘ってくれました

何の飲み会かは薄々直感で解りました

通学している学校の最寄駅らしく、駅前のレストランでした

現地集合だったので、早く着いても事情が分からないと思って時間より少し遅れて行きました

友人も白ワインを既に飲んでいて、全部で5人位集まっていました

後から分かったのですが、今日の授業が終わった後の飲み会でした

普通のファミレスですがみんな楽しそうに盛り上がっていました

友人以外はみな男性で歳もまちまちです

みんな先に自己紹介してくれてビックリしました

みなさん礼儀正しくて安心しました

でも、どういう共通点があるのか当初は理解に苦しみました

 

友人が授業料をペイした記念日でした

 

話を聞いていて初めて解ったのですが

同期の友人があまり多くを語らなかった理由を知りました

友人は、ある程度確かな実績を自覚できるまでは通学していること以外は他言しないと決めていました

その目安が、授業料をペイできるまでと決めていたそうです

決して私に対して勿体ぶっていた訳ではなかったのです

自分で自覚が持てない内は友達には決して話さないと決めていたそうです

この日の飲み会が記念日だったのです

周りの人達も嬉しそうに乾杯しています

「一体、何なのか今日は聞いても大丈夫」と友人が言ってくれました

レンズの修理をコアとした仕事で、いくつか自分の成長に合わせたモデルがあるとの事

・レンズってそもそも何?

・レンズの修理って何?

・仕事って、会社以外の仕事?

・それって儲かるの?

・女性でもできるの?

・ここにいる人たちはみんなそうなの?

そんな質問をした覚えがあります

 

帰りの電車でもっと知りました

 

帰りの電車の中で、帰る方向が一緒の駅まで色々な話をしました

ハッキリ言って、すぐに私もやってみたいと思いました

レンズの修理をコアにした仕事・・・というところまでは何となくですが理解できました

でも、生徒の成長に合わせた幾つかのモデルについては教えてくれません

生徒さん以外には話してはいけない部分があるそうです

全部は分からなくても、ここ半年間くらいの友人の表情を見ていれば理解できます

私生活も、会社の仕事も以前より前向きに生きている様子は肌で感じていました

将来の夢についても語ってくれました

普通のOLが話す内容ではありません

結婚とかマンションか一戸建てかとか、子供は二人がイイとかそんな普通の夢ではないのです

・自分に自己投資するとか

・目標の達成に必要な心構えとか

・生活習慣の見直しとか

何か本を読んでいる様な感じになったのを覚えています

 

私も入学しました

 

実家から通っていますし、貯金もそこそこあったのですぐに入学しました

昔から、自分の直感には従ってきました

女の子の割には行動力と決断は早い方です

テニス倶楽部を続けながらですから毎週は通っていません

月に2回位の頻度ですが、通学の終了期限がないのでじっくり取り組んでいます

会社で昼休みに友人とコーヒーを飲みながらお互いの成長を報告し合っています

飲食代とかもあまり気にしないで過ごしています

両親は不思議な目で見守ってくれていますが、私が取り組んでいる事については

半分くらいしか理解していません

でも、入学後、食事の食器の後片付けとか自分の部屋の掃除とか

お風呂とトイレの掃除とか今まで全く自分でやってこなかった家の事をやっています

父の靴は必ず磨いています

きっと、そんな娘の変化の方が親にしてみれば驚きだったのだと思います

協会の田斉さんと約束しました

・将来なりたい自分を探しなさい

・どうしてそうなりたいのか考えなさい

・一人では大して成功しないと思いなさい

・人様から応援される人間になりなさい

・身の周りを綺麗にしなさい

・両親の為にできる事をしなさい

何だか不思議な学校ですが、特に飲み会が楽しいです

今後やってみたい事

 

 

 

学校には技術を学びながら幾つものビジネスモデルがあります

私はその内の一つに取り組んでいますが

亀の様に一歩づつ!・・・田斉さんに会うたびに

そう言われています

同時に、将来どうありたいのか?毎回聞かれます

そして、大きなゴールと中間のゴールと最低このくらいは

達成したいゴールも聞かれます

いちいち思い出せない事が多いので、自然と日誌を書くようになりました

でも、まだまだ、将来の自分の夢はハッキリとは描いていません

自分だけの夢なんて考えたことはありませんでした

いつも隣を見て、比較して、幸せとか不幸とか感じていました

先生からレンズ以外の事を毎回質問されます

その度に答えがすぐに出てきません

でも、入学前の自分とは明らかに変化していると感じています

本屋に立ち寄る様になりました

席を譲れる様になりました

時間を大切に思う様になりました

会社以外の実益があるのも勿論嬉しいです

少しづつ学習して、紹介してくれた友人と貯金残高の報告をし合いたいです

私がこんな細かい仕事が好きになるとは想像もつきませんでした

本当に人は出会いで変わります

会って良かったと思われる人になります

私の会社は副業が認められていますが、しばらくは友人以外には内緒にしておきます

 

 

 

修理専門学校に通学中の生徒さんの声⑨

 

 

 

 

 

私はカナダ在住のハーフです

 

私はカナダに住んでいます。母親が日本人のハーフになります。
仕事で3ヶ月に一度来日しています。

カナダは湖があちこちにあって大変綺麗な国です。写真愛好家も沢山います。

仕事で日本に来た時は昔のカメラとオールドレンズを沢山購入します。

私の街のカメラ屋さんに頼まれているからです。

仕入れたカメラとレンズ代は私の小遣いになります。

日本語だと「目利き」と言うのでしょうか?個体を見極める資質が私にはあります。希少なレンズとか人気のカメラを判別できます。

 

5年前に日本レンズ協会と会いました

 

ある年の秋ごろいつもの様に仕事で日本に来ました

仕事の合間をみてカメラとレンズを仕入れました

どこかの会場でフランチャイズフェアーが開催されていました

面白そうだったので入ってみました

その一角に【Lens Repairing】のブースを見つけました

そこに日本レンズ協会が出典していました

話を聞いてみました

レンズの修理専門会社で学校も運営していました

今回の来日で仕入れたレンズを見てもらいました

中古の昔のレンズが修理できる事を知りました

状態が良い程カナダのカメラ屋さんは喜びます

修理費の概算を聞いたら15個で350,000万円位でした

高いので驚きましたが話をつづけました

 

生徒になりました

 

私はカナダに住んでいますから学校には通えません

でも、協会のスタンダードコースに入学すれば300,000万円位で

今後も仕入れたレンズの状態を良いものに復元できます

数に制限はないとのことでしたのでその場で入学しました

生徒になると何本でも教えてくれます

但し先生が直接は手を出しません

教室に行って先生に就いて指導を受けながらあくまでも自分で処置します

私が3ヶ月に一度日本に来て、その都度入手したレンズを持参して

教室で先生から教わりながらレンズを綺麗にしています

カナダのカメラ屋さんも喜んでくれています

 

カナダで依頼される様になりました

 

日本には仕事で来ますが、来日時にカナダで修理依頼があったレンズを持参する

ビジネスを考えました

カナダのカメラ屋さんは販売はしていますが修理はできません

カナダにはレンズを修理できる器用な人はいません

協会の田斉さんの許可をもらって、来日時にそういうレンズも持参する事になりました

勿論、先生は直接手を下してくれません

私は生徒ですから先生の指導に従って自分で修理しています

カナダでは修理の仕事はしていません

来日した際帰国する前に学校に寄って、作業場で修理をしています

この二つのビジネスのお蔭で本業以外の収入がかなり増えました

入学金だけでその後全部を教えてもらえるので

入学金は費用的にはかなり安いと感じています

今後やってみたい事

 

 

 

講師の田斉さんはカナダに来る事は考えていません

あくまでも日本の里山という場所にこだわっています

古民家を改造してそこに宿泊施設を完備した学校の立ち上げを

計画しています

カナダに来てくれれば、そこでレンズの修理ビジネスを

一緒に立ち上げたかったのですが

協会の方針は日本を拠点にするそうなので諦めました

私は今まで通り、3ヶ月に一度来日します

今まで同様二つの方針で副業ビジネスを進めていきます

技術を少しずつマスターしていけばカナダに居ながら修理できる様になります

私がもらっているライセンスはそのビジネスの領域をカバーできません

そういう機会には、フランチャイズコースに入り直す計画です

別途入学金差額分は高くはないと思っています

カナダ人でこの領域のビジネスをしている人はいません

協会さんと出会って本当に良かったと思っています

田斉先生、今度もおいしい寿司で乾杯しましょうね

 

 

 

修理専門学校に通学中の生徒さんの声⑩

 

 

 

 

 

退職後のライフプラン

 

私は勤続23年のサラリーマンです。仮名でお願いします。真面目に務めてきましたが退職後は健康であれば何とかなると考えていました。会社の退職金はそんなに望めません。子供の成長と家の返済はその歳になるまでには終わりそうです。自分なりに計画的に生きてきたつもりです。会社は副業は禁止ですが何か実益になり続けられそうな
自宅で完結できるビジネスを探していました。

 

フランチャイズビジネスの研究

 

雑誌や会場に行ってフランチャイズビジネスを研究してきました

小資本で開業可能で、自宅で完結する様なモデルです

できれば、書籍を出版して印税収入が理想でした

しかし、ハードルが高く幾つかのジャンルで原稿は貯めてきましたが

中々出版までにはこぎ着けない状態です

そんな状態が何年も続きましたが、ある日レンズ修理関連の情報にあたりました

自宅でできて小資本でその活動の延長上で書籍も出せます

メールで面接をお願いしました

 

東京まで行きました

 

何度かのメールにての問い合わせに対して大変丁寧な返事を頂きました

それでも、集客と技術習得の具体的なイメージが欲しかったので

直接会って話を聞ける場をお願いしました

協会の最寄駅ちかくのレストランで初めてお会いしました

「お問い合せ頂いたのも何かの縁でしょう」・・・と食事をしながらの面接でした

私が聞きたかった事は全て教えてくれました

このビジネスなら継続できると確信しました

 

フランチャイズコースの選択

 

協会には複数のビジネスモデルがあります

私はその内のオーソドックスなモデルから始める事にしました

このビジネスはネットとの相性が大変良いのですが

私は集客に関しては地元エリアを想定して具体的な方法を田斉さんと相談しました

インターネットによる集客はどうしても実名の公開が必要になります

会社には知られたくないので、この方法は初めから念頭にありませんでした

別の切り口を二人で相談して幾つかの方法を実行する事にしました

 

サイト構築以外での集客方法

 

協会の方針で詳細は話せないのですが

協会本体は公式サイトから主に集客しています

それ以外にも方法は沢山ありました

私はその内の幾つかを実際に試しながら現在に至っています

そういう意味では自宅で完結はしていないのですが

名前が公になる事無く順調に集客できています

目標は定年後に安定した実益が継続できる事なので

現在のペースはまあまあなペースだと感じています

得意な個体も少しずつ増えてきました

最初は通学が金銭的にも負担に感じる期間はありましたが

大体の構造が理解できるようになってスカイプで進められる様になってきました

今後やってみたい事

 

 

 

顔写真はスイマセン

替りに水草の写真でお願いします

退職までまだ10年以上ありますが今のペースを維持したいと思っています

書籍の出版も少しずつですが準備しています

自分が整備した個体の詳細な工程や協会で教わった時の

授業風景も写真と動画でその資料は保存しています

その内容を後になってまとめると大変な作業量になってしまいます

退職後は株式会社か社団法人として活動する予定なので

その時には協会の様に公式サイトからの集客も視野に入れています

その為には、集客という意味ではなくてコンテンツの配信という位置付けで

レンズを整備する個体毎にホームページを更新・加筆しています

あるキーワードでサイトがトップページに表示される為には

内容の充実とコンテンツボリュームが必須条件になります

何年もかかる地味な取り組みですから

在職しながらこの活動は疎かにしない様に継続していきます

決心して始めたこのビジネスネスですが

自分のペースでできるのが一番のメリットです

会社の給与で家族に対しての責任を果たしながら

このビジネスのお蔭様で年2回程家族旅行も楽しんでいます

このビジネスで将来の為に備えたいと思います

田斉さんが好きな言葉ですが【下ごしらえ】の重要性を肌で感じています

これからオンライン講座を受講する生徒さんは恵まれていると思います

学習も技術習得も作業も全て自宅で完結します

本部の田斉さんにその都度連絡して自分のペースで頑張って下さい!

 

 

 

修理専門学校に通学中の生徒さんの声⑪

 

 

 

 

 

倉から出てきたレンズとカメラ

 

 

5年程昔自宅の蔵から出てきた先祖の遺品がありました。

その中に昔のレンズとカメラもありました。

フィルムカメラとそれ用のレンズみたいで

その扱いに悩んでいました。当時の私はカメラに関心がなく

時々使っていたカメラはデジカメでした。

その遺品が使えるのかどうかも分からず

かと言って処分するのも気が引けてしばらくはそのままにしていました。レンズの数は相当な数で全部で30本くらいはありました。

 

レンズに詳しい人を探しました

 

電話帳で調べても、本屋に行っても中々そういう人が見つかりません

囲碁の仲間で写真が好きな友人に問い合わせてみました

友人が日本レンズ協会の事を教えてくれたので電話してみました

友人は主に飛行機を撮影していて、長いレンズにしか興味はありませんでした

昔のレンズは程度の差はあってもどこかしらに不具合を持っています

でも、まだまだ今でも使えるものが多いです

こんな事を電話で教えてもらいました

今のデジカメと昔のレンズを組み合わせて撮影する趣味の話も聞きました

 

最初は処分しようと思っていました

 

農家ですが、遺品を売ってお金に変える事も相談してみました

レンズの種類を教えて下さいとの事だったので

別途、メールで一つひとつの銘柄を書いて送りました

その後返信があって、どのレンズも相当に希少で人気がある事

そしてどのレンズも高額な金額で取引されていると言われました

売ってしまうよりも大事に所有して

一番いいのは自分で使う事だとアドバイスされました

農閑期の時期は時間はたっぷりあります

何か趣味を持つのもいいなと思いました

 

写真のおもしろさに気づきました

 

教えてくれたアダプターを購入して池や木や花を撮影しました

レンズを交換すると全部のレンズに特徴があります

時々撮っていたデジカメの写真とは全然違うのです

少しずつ写真の楽しさが解ってきました

そして、レンズの外側だけですが掃除の方法や道具についても教わりました

最初は気が付かなかったのですが中身にカビが生えていたり

絞り羽が動かなかったり、ピントが合わせづらいものもありました

一度気づくと気になってその修理の事を聞いてみました

協会さんは時々電話に出れない時もありますが

その都度丁寧に教えてくれます

希少な高価なレンズですので今後も大切にしようと思っていました

孫が写真に興味を持っていたので、その子の為にも譲れる様にしたかったのです

 

修理に出す事にしました

 

電話で見積もりを聞くと全部で50万円はかかると言われました

農閑期等時間はたっぷりあるのでその生活の事も話しました

すると、修理の学校の事を教えてくれました

学校に入れば修理を依頼するより安く済みました

遠方ですが、旅行も兼ね通学しようと思い入学しました

最初の入学金だけで、その後は出費の必要はありません

何度か通学して、その工程記録を録画、写真を撮って大事にしています

そんなに頻繁に整備はしていませんがカビが生えたりしても自分でできます

これからも大事にして、いつか孫に譲りたいと思っています

今後やってみたい事

 

 

 

撮影も修理もやっていて楽しいので良かったと思っています

時々帰省する孫にも写真を教えています

一緒に撮って、それを一緒にパソコンで見るのがとても楽しいです

先生は折角の貴重な体験を書籍としても残す様に助言してくれます

レンズと一緒に書籍として一緒に孫に譲れたら最高です

レンズの整備より、パソコンの操作の方が難しいので

書籍の出版はまだまだ時間がかかりそうです

写真の仲間もできましたので同じ機種は綺麗にしてあげています

撮影と修理の経験が暇な時の生きがいになりました

年金以外の小遣いを毎月稼げるので、行動の範囲も随分広がりました

田斉さん、またこちらにお越しの際は一泊でなくてもっと長く宿泊して下さい

温泉とお酒でゆっくり語り会いましょう!

 

 

 

自己紹介に参加協力して頂いた生徒さん

本当にありがとうございました

 

次回お会いした時に何かお礼いたしますね

今後も自分のペースで目標を立ててコツコツ頑張って下さい

 

・仕入れ

・修理

・販売

・モチベーション・

・個人的な悩み

※どんな事でも一人で悩んでいないですぐに連絡してくださいネ!

 

 


下記文章は一般社団法人・日本レンズ協会の活動内容の解説になります

もしご興味のある方はこの先をお読み頂けますと幸いでございます。

 電子書籍販売実績一例(一般社団法人・日本レンズ協会刊行)

    dennshi4   dennshi2   dennshi3  

この様な電子書籍を刊行させて頂いております 

   

 

現在40冊刊行しております

電子書籍一覧に関しまして
ご興味がある方は
お気軽にお問い合わせ下さい

 

一般社団法人・日本レンズ協会では全国の写真愛好家の方々から修理のご依頼を日々承っております。そんなお仕事と並行してこちらで整備を施した個体に関しての修理工程を解説した書籍の刊行も行っております。愛好家の方の中にはご自身で所有なさっているレンズを自分の手で整備して良好な状態を維持したいと望む方もいらっしゃいます。そんな所有者さんの声にこたえてこの様な書籍を販売させていただいております

 

7-300x300 1540_32レンズの様な光学機器は【総論】という解説が難しい分野です。どの機種にも当てはまる基本構造というのはある程度あるのですが、ひとつ一つの個体ごとでその構造に違いがります。従いましてレンズの種類ごとに修理工程も違ってきます。一連の電子書籍は各個体毎の修理工程を沢山の写真と幾つかの解説補足動画でなるべく修理初心者の方々に解り易く解説した内容の編集とさせて頂いております。何か一つの個体(機種)についてだけ学習したい写真愛好家の方々にご購入して頂いております

 

電子書籍一括版閲覧権無料プレゼント

 

1-6-300x3001540_32この様な電子書籍の他に全ての電子書籍を一括してまとめた修理の辞典の様なレンズ修理教科書一括版がございます。

このレンズ修理教科書一括版もレンズ修理ビジネスオンラインスクールに入学して頂ける生徒さんには無料で差し上げたいと思っております。電子書籍出版の原稿として活用してきたサイトの閲覧権となります。レンズ1本のメンテナンスに際して、工程写真=約50枚、工程解説動画=5動画、各工程における解説・コメントの大変分かり易い構成となっております。レンズの修理には基本的な道具が必要です。その最低限揃えて頂きたい治具・溶剤類に関しても入手先情報等もあわせて解説させて頂いております。どんな道具が必要なのかよくお問い合わせを頂きますが必要最低限の治具類を紹介しております。このサイトで分からない事はWeb会議ソフトZoomを使って個別に指導させて頂きますので、実際の通学生さんとその臨場感は同等の内容になっております。

      dennshi5dennshi7 dennshi6  

この様な電子書籍を刊行させて頂いております

 

 

日本カメラさんに当協会が紹介されております

 

  s_nihoncamra

 

レンズ修理メンテナンスなどの事業を行う一般社団法人日本レンズ協会が レンズメンテナンスとフィルムカメラの基本的な操作に関する電子書籍を刊行した。 どちらもシリーズ版で、レンズの本は1,000シリーズ、フィルムカメラの本は100シリーズを刊行予定。 第一弾となる『カメラレンズの修理教科書』ではコニカ50mmF1.7『フィルムカメラ操作術』では キャノンFTQLをそれぞれ取り上げている。価格はいずれも1,250円(Amazon Kindle) 日本レンズ協会のミッションは、現存するレンズのでき得る限りの復元業務を主たる目的としているが 並行して関連教育事業にも力を入れている。 世界中のレンズをでき得る限り良い状態に復元して、その状態を後世に継承していく事は 非常に価値が高いと言える。 単に、レンズの修理を施すだけの業務と違い、その個体の所有者が自宅でレンズをメンテナンスできてこそ 古き良きレンズがなるべく良好な状態で子供の代を乗り越えて 孫の代まで引き継いでいくという壮大な夢が実現すると言えるだろう。 すべての写真愛好家が撮影と並行して自分のレンズのメンテナンスを実行するかどうかは分からないが 当協会の目指すミッションは注目に値すると評価したい。 5年後を目途に東伊豆にレンズの修理専門学校の設立も計画している。 構想としては宿泊施設を完備した完全個人指導形式の授業カリキュラムを準備中だという。又、今回のレンズ修理ビジネスオンラインスクールの発動は自宅に居ながらにして光学機器の整備知識と技術が学べる内容になって

いる。どこまで素人がその技術を再現習得できるかがネックになるだろうが、このスクールそのものの社会的意義は称賛に値する。協会の今後の動向に注目していきたい  

 

 

 

無料個別相談会実施中

 

入学に際しましての無料個別相談会を実施しております。

スクール内容に関しましてより詳細な情報をお伝えさせて頂きたいと思います。

また、入学を迷われている方はご自身の現在の状況をこちらで診断させて頂いておりますので

併せてその旨お問い合わせ下さい。

個別にご返信させて頂きたいと思います。

 

ご記入・送信して頂いた方にはご相談内容に関しましてメールにてご返事させて頂きます

メール内容を確認致しまして、追ってWeb相談会のご案内をお知らせ致します

※お名前はニックネームでも結構です

※メールアドレスは間違いのない様にお願い致します

間違いがありますとこちらからご案内ができなくなってしまいます

※ご住所は差し支えなければご記入お願い致します

※ご意見・ご質問等お気軽にご記入下さい。

※ご記入終了後フォーム左下送信ボタンをクリックして下さい

 

無料個別相談会に申し込む

 

この様な沢山の写真でも学習して頂きます

 

一工程づつわかりやすく写真と動画で解説致します

shashinn  

各レンズ毎の5篇からなる補足動画も参考にして学習して下さい

 

 

        dennshi8   dennshi9   dennshi10  

特典で差し上げる電子書籍でも勉強できます

 

 

この教材であなたが得られるメリット!

 

 

生徒さんには以下のメリットが考えられます

あくまでも、自己学習スタイルになりますが

Web会議にて個別に指導も並行致します

 

1540_32  レンズ修理の基本的な手順が学べます  

 

1540_32  どんなレンズを仕入れればよいのか本部が教えます  

 

1540_32  勿論修理工程も習得できます  

 

1540_32  整備に最低限必要な治具・溶剤が解ります  

 

1540_32  今後追加されいく新規コンテンツも無料で学べます  

 

1540_32  入学金だけですので 今後一切費用がかかりません 

 

1540_32  ご購入後の質問はお問い合わせフォームからも可能です  

 

1540_32    質問のお答えは解り易い動画で解説致します

 

1540_32   御来所頂ける方は修理専門学校に登校学習も可能です 

 

1540_32  職業として考えている方は集客の為の準備のお手伝いを致します  

 

1540_32  その場合は集客の為にサイト構築が必要になります  

 

1540_32  集客の為のホームページ開設のお手伝いをさせて頂きます  

 

1540_32  ご家庭の主婦の方でも自宅で学習・作業が可能です

 

1540_32    毎月必要な収入を自分で決めて作業できます

 

1540_32  サラリーマンの方にとっても取組に値する副業です

 

1540_32  会社の休日だけの学習・作業で入学初月から

    毎月の収入UPを目指せます

 

1540_32  現在転売ビジネスをなさっている方は修理して再販できます

 

1540_32  直して売るからこそそこに意義があります

 

1540_32  業者さんにとっても多くのメリットがあります

 

1540_32  光学機器の知識・技術の習得は現在のビジネスが広がります

 

1540_32  定年退職なさっている方にも多くのメリットがあります

 

1540_32  たっぷりある時間を生かして年金以外の収入が得られます

 

1540_32  じっくりコツコツ取り組めば地元で開業も可能です

 

この他にも沢山のメリットがございますが詳細は
個別にお問い合わせ下さい

詳しく解説させて頂きます

 

 

如何でしょうか? レンズ修理に興味があったり、自分のレンズはご自宅である程度メンテナンスできる様になりたいと思っていらっしゃる方は結構沢山いらっしゃいます。レンズは単なる道具ではなくて、人それぞれの掛け替えのない思い出がつまった大切なパートナーであるケースも多々あります。光学機器ですから、他の道具、例えばエアコン、自動車、自転車・・・等々同様に定期的で適切なメンテナンスが必ず必要です。 1-8-300x300 でも、レンズに関しては私の経験上、あまりこの観点が定着していない様に感じられます。カビが見えて生きて気になり始めたり、絞り羽が動かなくなって慌ててお問い合わせ頂くお客様も大勢いらっしゃいます。完全なオーバーホールまで処置を施さなくても、その個体の問題点に焦点を当てたメンテナンスは初心者の方でも可能だと私は考えています。 レンズ鏡胴本体の拭き取、レンズフイルターのクリーニング、前玉・後玉の実写後のブロアーを使っての付着物の除去等は、ご自身所有のレンズを大切にしている方でしたら、日常的に行っていると思います。少しその先を習得なさりたい方にとって有意義なコンテンツ内容で構成されていますので、ご自宅で好きな時間を使って学習できると思います。  

  販売価格!  

 

現在日本には光学機器修理知識・技術を学べる機関はありません。一般社団法人・日本レンズ協会だけがこの教育機関となっております。光学機器の修理知識・技術を習得しながら、入学当月から収益も目指せる理想的なビジネスモデルだと自負しておりますので、是非ご参加をお待ちしております。今回の応募は一旦募集人数が一定数に達した時点(50名さん限定)で終了させて頂きたいと思います。次回の応募は未定です。是非この機会にご入学下さい。販売価格に関しましては、皆さんから頂くメールのやり取りとWeb会議の相互通信の内容を踏まえながら決めさせて頂きました  

 

324,000円

 

応募者数が一定人数(50名)に達した時点にて応募は終了致します。次回の応募に関しては今のところ未定でございます。販売価格も今回の入学希望者さん限定の格安価格にての応募とさせて頂きます。

 

販売教材について

 

スクールに入校後、生徒さんは教科書い該当する教材を学習しながら知識・技術を並行して習得していただきます。そして、その知識・技術をベースに具体的な作業をする事で作業量に応じた収入が得られるスクール内容となっております。勿論、教材中心に学習・作業進行中の質疑応答に関しましては個別にメール・Web会議等で指導致します。

 

教材(教科書)の内容

 

 スクールの位置付け

 受講する際の留意点 

 具体的な作業前の知識

 受講全般の流れ

 具体的な作業・・・仕入れ、修理、販売

 修理工程解説動画

 

教材ページ数(ボリューム)

 

 テキスト(文章)・・・約30ページ

 解説動画・・・約30篇(収録時間約250時間)

 修理工程解説動画・・・約100篇(収録時間約500時間)

 

※テキストも収録動画も生徒さんとのやり取りが進行する時間経過と共にコンテンツ数が増えていきます

 

商品受け取りまでの手順

 

 無料個別相談会に参加

 ご購入(入学)

 入金確定

 購入者マイページログイン

 会員サイトのログイン情報ダウンロード

 学習開始

 

個別指導サービス

 

生徒さんが学習しながら並行して作業して頂く具体的な作業内容は

1、レンズを仕入れる

2、仕入れたレンズを修理する

3、修理したレンズを販売する

という3工程になります

個別指導サービスサポート制限事項

 仕入れに関する指導=購入から半年間・無制限(毎月何度でもサポート)

 販売に関する指導=購入から半年間・無制限(毎月何度でもサポート)

 修理に関する技術指導=無期限・2回/毎月

 

お申込み前に無料個別相談会にお申込みお願い致します。

ご決済方法はカード決済と銀行振込のどちらかでお願い致します

お申込み御決済はPayPalの決済フォームからカード決済になります  

カードご決済の場合

 

お申し込みはこちらから

 

 

PayPalさんのアカウントをお持ちでない方はアカウント取得をお願い致します

アカウント取得はすぐにできます

 

銀行振り込みご決済の場合

 


銀行振り込み決済

 

 

 

御購入頂けますと決済画面から教科書有料限定サイトURLとログイン情報をお知らせ致します

 

入学して頂いた際のささやかですが協会からのプレゼントです

【0期生50名】限定特別感謝特典

以下の三つのプレゼント進呈中

 

次の三点、今回の募集【レンズ修理ビジネスオンラインスクール】0期生限定にて進呈致します

 

合計94,600円相当の内容になります

 

1、電子書籍一括版閲覧権=通常価格29,800円

教材(教科書)と併せて学習する事でスクール内容の学習がより深く学べます。修理に必要な治具・溶剤の扱い方、入手先の情報も記載されていますので、自宅で自習する際に便利で効率的です。

 

2、個別行動計画書本部が作成致します=通常32,400円

本来は生徒さんご自身が行動計画を立案しますが、本部講師と相談しながらこちらで用意するフォ-マットを活用して入学から一年間の生徒さん自身の行動計画を一緒に作成致します。この計画に従って行動することで毎月得たい収入の実現がより具体的になります。現在実際に通学している生徒さんで、結果を出している生徒さんは皆さん全員本部教師とマンツーマンでこの個別行動計画書を作成しています

 

3、行動進捗状態チェック指導(毎月1回)=通常32,400円

どんな学習・ビジネスでも指導内容に従い、コツコツ継続しないと望む様な結果は出ないものです。しかし、人は誰でも、この継続が一番難しい課題になります。学習と具体的な作業が止まってしまう瞬間は誰にでもありますが、その状態から抜け出して再び学習と行動に弾みがつくように、こちらと相談しながら本来の目的の為の行動を促していきます。いわば、メンタル面での個別指導となります。一か月間も一年間もあっという間に過ぎてしまいます。目的を失わない様に本部がサポートさせて頂きます。

 

応募が50名に達した時点で終了とさせて頂きます。

 

 

50名限定特典提供方法

 

 電子書籍一括版閲覧権=通常価格29,800円

会員サイトからダウンロードして頂きます

 

 個別行動計画書本部が作成致します=通常32,400円

購入者様アドレスにメールでご案内いたします

 

 行動進捗状態チェック指導(毎月1回)=通常32,400円

毎月2回生徒さんと本部教師の予定を事前に打ち合わせしたうえで

メール又は電話若しくはWeb会議にて個別面談させて頂きます

 

 

498,000円

 

フランチャイズコースお申込みの方はこちらからご決済下さい

 

お申込み御決済はPayPalの決済フォームからカード決済になります  

カードご決済の場合

 

お申し込みはこちらから

 

 

PayPalさんのアカウントをお持ちでない方はアカウント取得をお願い致します

アカウント取得はすぐにできます

銀行振り込みご決済の場合

 


銀行振り込み決済

 

 

 

ごあいさつ

 

  s_tasai

 

レンズ修理ビジネスオンラインスクールで使用する教科書サイトには、実際に講師の私が各個体の修理作業工程1本づつ解説した動画をどんどん追加収録・UPしていきます。その際に使用するレンズは、全て当協会に実際にメンテナンス依頼があった 実際の個体を使わせて頂き解説を加えております。 従いまして、その内容は解説動画を見ながらじっくり再現すれば あなたがこれから取り組んでいく同じ機種にも当てはまる様に構成されております。 先ずは教科書サイトに収録されている機種を手始めに、焦らずにじっくり取り組んで下さい。教科書サイトに収録されていない機種を生徒さんが仕入れて販売したい場合は、当初だけそのレンズをこちら本部まで送付して下さい。こちらで整備を施します。勿論、その修理工程は動画にて収録していきます。整備後のレンズは生徒さん宅に納品致しますので、到着後に販売して下さい。この様な繰り返しで、教科書サイトに収録されるレンズの種類がどんどん増えていきます。 古き良きレンズをメンテできる職人さんも私同様だんだん高齢化になっています。 各メーカーさんも昔のレンズ程受け入れていないのが実情です。 また、この種の修理を教える機関そのものが、日本には殆ど存在しないのも事実です。 このままですといずれ世界中にある昔のレンズを修理できる人がいなくなってしまいます。 一般社団法人 日本レンズ協会はこの様な現状と今後の予測をもとに レンズ修理事業と並行し、教育分野に取り組んでいます。 その一環として、レンズ修理ビジネスオンライン講座の販売を準備してまいりました。只単に光学機器修理の知識・技術を学べるスクールではありません。生徒さんが知識・技術を習得しながら、同時に利益をその都度得て頂く為のビジネスモデルですので、入学当初の入学費用は作業量に応じて元が取れる理想的な初心者の方でも復元可能なビジネスモデルとなっております。世にあるオールドレンズの状態を良い状態で保つ為にも、スクールに参加して頂き、生徒さんご自身の将来の夢を実現させて下さい。開校にあたりまして校長の私からの挨拶とさせて頂きます。皆さんのご参加を心からお待ちしております。

 

一般社団法人 日本レンズ協会 光学研究所 Clean Lens House

代表理事 田斉健輔

 

日本レンズ協会公式サイト

 

特定商取引法に基づく表示

 

Copyright © 2015 サイト管理者名:一般社団法人 日本レンズ協会 光学研究所 代表理事兼所長 田斉 健輔 All Rights Reserved. 〒270ー2267 千葉県松戸市牧の原1-24LM101,justis2011@yahoo.co.jp 047-386-5353  

ご購入前に無料個別相談会にお申込みお願い致します

お申込み御決済はPayPalの決済フォームからカード決済になります  

ご購入はこちらから

PayPalさんのアカウントをお持ちでない方はアカウント取得をお願い致します

アカウント取得はすぐにできます

 

銀行振り込みご決済

ご購入はこちらから